概要

トップページ »  いやしの森 » 効果の概要

癒しの効果

読み物 森林セラピーとあなたの体は?

まず・・・森林の「癒し」効果とは?
ふだんなかなか気づかないのですが、私たちは、都市の人工的な環境の下、かなり高い緊張状態で生活しています。
と言うのも、人の500万年の歴史の中、人エ的な環境で生活しているのは最近の数百年の話なのです。
ですから、人はもともと人工環境ではなく自然環境対応の体を持づているわけです。
それに加えて、ここ数年ではさらに人工化が加速し、テクノストレスなどと言われるように、さまざまなストレッサーが増えてきていますね。
・・・森林はごその緊張やストレス状態を解いてくれ、いわば本来の「人のあるぺき状態」に近づけてくれます。実際に人の体にどのような効果があるのかは、最近になってわかってきたことです。

具体的には、どういった効果が実証されているのですか?

簡単に言うと、身体をリラックス状態にし、また、免疫力をアップさせるということが実証されているトータルの結果です。「リラックス状態」をつくることについては、次のように実証されています。

森林の「リラックス効果」の実証

「リラックス効果」として、どのような効果が解明されているのでしょうか?
脳の活勣を見ると、都市と森林それぞれで20分間座って景色を見た結果、都市に比べて、森林では脳の前頭前野の活動が穏やかになり、リラックス状態にあることがわかりました。
前頭前野は、価値判断などの高度な精神活動を司っている脳の重要な部分で、この部分の活動を血液濃度で調査しました。また、ストレスを感じると分泌されるストレスホルモンについても、都市に比ぺて森林では滅少しました。
これは、睡液中のコルチゾールという物質で謂査したものです。
この他、血圧や脈拍の低下や、ストレス時に高まる交感神経活動が抑制され、リラックス時に高まる副交感神経活動が昂進することが心拍のゆらぎの測定から実証されています。
このように、森林では緊張状態にある身体の生理機能が鎮静化し、リラックス状態をつくるということが、科学的にもだんだん証明され始めているのです。

森林でリラックスするには

なぜ森林ではリラックスするのでしょうか?
なぜ人が森林の中でリラックスして、快適と感じるかというどそれはシンクロナイズ(同調)するからだと私は考えています。状態は「快適」なのです。
例えば、人と人の会話だってそうでしょう。
相手がすごく熱心に聞いてくれたり、笑ってくれたり、うなずいてくれたりすると、こちらもリラックスして、話がのってくる。そういうやりとりがあるわけです。同じように、人と森林との間でもやりとりがあって、同調がある。
これは理屈ではないのだと思います。